ランニングを始めたばかりの人がしやすいケガ

A Prospective Study on Time to Recovery in 254 Injured Novice Runners
Rasmus Oestergaard Nielsen , Lotte Rønnow, Sten Rasmussen, Martin Lind
June 12, 2014

Shin Splints are Most Common New Runner Injury
(In study, beginning runners were most often beset by shin, knee pain.)
Scott Douglas
FRIDAY, JUNE 13, 2014, 12:28 PM

上の研究によると...

新たにランニングを始めたランナー約900人のうち約250人が最初の一年でケガをするそうです。割合にすると約28%。

そのようなケガのうち最も多いのがシンスプリントで約15%、膝の痛みが10%、アキレス腱の痛みが7%、足底筋膜炎が5%と報告されています。

komuragaeri.png

意外なことに、ケガの原因は様々で走った距離はさほど関係ないようです。また、ケガの3/4は走り始めてから200km以内に生じると言われています。

ケガから復帰するのに必要な時間も様々ですが、ふくらはぎのケガで30~40日ほど、シンスプリントの場合は72日ほど必要だとされています。足底筋膜炎は最も厄介で、完全に回復するまでに平均で159日必要らしい。

friend_kata_kasu_man.png

ここまでをまとめると...

ランニンングを始めた人の10人に3人近くが最初の1年で何かしらケガをする。

それらのケガの約75%は走った距離に関係なく、走り始めて200km以内に生じる。


ということ。


当然、運動をするにあたってケガのリスクを "0"にすることはできないので、最初の1年で10人に3人くらいが何かしらケガをするのは分かるような気もしますが、そのケガの約75%が距離に関係なく、最初の200km以内に生じるのは意外な感じ。

普通はたくさん走るからケガをしそうなものです。


そのケガの原因は?ケガを防ぐにはどうすれば良いのか?

と言うことはまた今度書きます!(つづく)

この記事へのコメント