最近の学び:HIIT SCIENCE

IMG_0062.jpeg

体を動かすのもそうなんですが、体やトレーニングのことを学ぶのも好きです。

もっと言えば、学んで、やってみて、自分がどんな風に変化するかに興味があります。

そんな風にやってみて、良かった事やわかったことを仕事の場面ではシェアしています。

- - - -

さて、この数ヶ月はずっとこの本を読んでいます。

HIITというのは「High Intensity Interval Training」の略で、要は高強度のインターバルトレーニングです。

IMG_0063.jpeg
IMG_0064.jpeg

HIITの歴史から始まり、期待される効果、HIITのバリエーション、実際のプログラミング方法などが様々な研究論文などとともにまとめられています。

その他にも、他のトレーニングとの干渉作用や、HIITによるストレスや疲労や健康について、負荷の管理の仕方など情報盛り沢山!

IMG_0065.jpeg
IMG_0066.jpeg

また、種目別に各分野のエキスパートが自身のコーチング等の経験も交え、推奨されるトレーニング方法などがシェアされており非常に面白い。

難点は英語なので自分の理解が正しいかが疑問で、なかなか前に進まない事...。

内容はなんとなくわかっているようでも、自分が英語を読めているのかが疑問で理解した(と思われる)内容が正確が疑ってしまう...苦笑。

IMG_0067.jpeg

時折、HIITとはあまり関係ないような内容が登場するのですが、個人的に面白いなぁ〜と思ったのが ↑↑。

世の中には様々な人がいるが、大きく3つに分類できるという内容。

①:できることをやって楽しもう!タイプ

②:俺は最高だな!タイプ

③:俺たちは頑張っている。けど十分ではない!タイプ

この3つの中のあるタイプが、コーチや選手、科学者として重要な資質であると書いてあるのですが、皆さんはどれだと思いますか?

この記事へのコメント