パワーを上げるジャンプ系トレーニング

IMG_0684.JPG

木曜の夜は四国中央スカイに向けた登り坂練習!昨日はビギナー組と元気に走る組に別れて練習。

IMG_0683.JPG

お店をスタートし松山城の登り坂へ。ルール上ストックの使用が許可されているのでストックの練習をする人も。ストックの使い方やテクニックも様々ですが、いろんな使い方ができた方が良いと思います。とりあえずやってみる!

IMG_0682.JPG

さて、松山城の登りを数本歩いたり走ったりしてから、元気組はジャンプトレーニングに挑戦!プライオメトリックエクササイズなどとも言われるこのトレーニング。簡単には「より素早くパワフルな動作」を獲得するためのトレーニングです。

- - - -

実際のスポーツ場面では瞬発的な、より短時間で大きい力を発揮することが必要とされます。

例えばランニングでは地面に足をついている時間はわずか0.2~0.3秒ほど。登り坂だともう少し長くなると思いますが、このような短い時間にいかに大きい力を地面に伝えられるかが非常に重要。

- - - -

難しい理屈は抜きにして、登り坂を速く走るためには上述の「素早くパワフルな動作」が不可欠。

パワーをつけるなら筋力トレーニング?と思うかもしれませんが、それだとスピードが足りない。

かといって坂を登りまくればいいかと言うと、筋力が高まるほどの大きい力発揮は見込めない。

そこで!大きい力発揮とスピードを両立させられるのが、ジャンプトレーニングです。

olympic09_trampoline.png

やり方も色々ですが結構ケガのリスクも高いこのトレーニング。できるなら初めはトレーニング指導の専門家と一緒にすることをお勧めします。ケガをしては元も子もない。

この日は徐々にジャンプの難易度を下げながら各ジャンプを数本ずつ実施。疲れてくると正確なフォームで実施することも難しいし、単純にパワー出ませんからね笑。なんでもやれば良いと言うわけでもなく、こういうトレーニングは「高い質」が大切です。

ちょっと自分が張り切りすぎて、皆さんヘロヘロな感じは否めませんでしたが、短時間でしっかり鍛えられたかと思います💪。

またやりましょう!

- - - -

上記のようなトレーニングの個別指導も受け付けています。

基本的にはその方の目標や目的、運動習慣やトレーニング環境などに合わせて最適なプログラムを作成、正確な実施方法を一緒に確認した後はご自身でトレーニングに取り組んでいただきます。

定期的にトレーニングの進捗状況などに応じてプログラムを調整していきます。

興味のある方はまずはお店に来ていただくかお気軽にご連絡ください🙇‍♂️。まずはお茶でも飲みながら色々お話ししましょう〜。


この記事へのコメント