2020-11-8(バランス改善のクリニックを開催)

BFBD6961-3934-4292-96AA-DC976D98B435.jpeg

理想だけを言えば、本当に良いのは「自分でできる」ことです。

どこか調子が悪い時、場合によってはどこかで治療してもらったりトレーニングを見てもらうことも必要ですが、ある程度のことは自分でできるならその方が良くないですか?

そう言った知識を持っていて簡単にでも実践できると非常に便利です。またそのような自己管理は大切かと☝️。

そんなことで開催した本日のバランス改善のクリニック。

今回は特に「足」にフォーカスし、足が全身のバランスにどのように関係しているのか、バランス不良をどのように改善すれば良いのか学びました。

D4A6B776-985B-4392-8E4C-7F5DFC57BBDB.jpeg
IMG_8326.jpeg

二足直立の人間にとって足は地面と接する唯一の部位です。身体を支える土台でもあり、地面に力を伝達する部位でもあります。

土台が傾くとビルは傾き、タイヤが曲がっていると車はまっすぐ進みませんが、それは足にしても同じ話。足に異常があればそれは全身の姿勢やバランス、動作に影響を及ぼします。

足には全身の約1/4の数の骨があります。骨がたくさんあるので関節もとても多い。関節が多いので動きも複雑。ズレたりもしやすい。

筋肉や靭帯もたくさんあるし、他にもいろんな要素が絡んでくるので実際はなかなか複雑な部位なんです。

そんな複雑な足ではありますが、今回はなるべく簡単に「足の関節」と「足裏の感覚」に焦点を絞ってご自身の体がどうなっているのか、またどうなるのか色々と実験してみました。

上の画像は足の関節がどうなっているのかみんなで見ている様子。

これだけでも色々なことが分かる。

IMG_8332.jpeg

意外と(?) あまり話題にならないのが足裏の感覚。

足裏の感覚が鈍いとかだけでなく、足裏のどこの感覚が鈍いのか?などもう少し細かく見ていくと色々なことが分かる。

今日はわかりやすいテストで実験。こんな風に前屈してみたり後屈してみたり...。

IMG_1306.jpeg
945DE286-B632-4C09-B576-7914995DF517.jpeg

足の異常を改善するのに非常に便利なのがインソール。

道具に頼り切ることは間違いですが、道具を上手に使うことは大切。もっと言えば「鍛える」ということを忘れてはいけません!笑

ただ、実際のところ足のトレーニングはなかなか複雑だし面倒...。しかも、よく考えるとトレーニングしていない時間の方が長く、結局元の状態に戻ったりしやすい。

インソールは履いているだけで効果があり、しかもその効果が持続する。合わせてトレーニングなども行い徐々にインソールを使わなくても大丈夫な体を目指すということであればこんなに便利なものはない!

ということで、今回はご自身のインソールを作成していただきました。

ちょっと難しかったかなぁ〜というのが本音ですが苦笑、こんなことで変わるんだ!と思っていただいたらそれで良しとしてください!笑

IMG_8341.jpeg

当然ですが、足だけで全て解決できることはありません。

足以外にも重要なポイントはあるし結局は ケース by ケース。

最後に各自必要なストレッチやトレーニングを紹介程度ですが行いました。

- - - -

パフォーマンスを向上させたり不具合を解消するために...

道具の力を借りること、それを上手に正しく使うこと、自分の能力を高めていくこと、のバランスが重要かと思います。

最初に書いたように、専門家のアドバイスを聞くことは大切な一方、自分である程度できるのも大切だし便利です。

今後もこのような学ぶ機会?自分の考えやノウハウをご紹介する機会を設けたいと思いますので、皆さんまた話を聞いてください笑。

本日ご参加の皆さんありがとうございました!

この記事へのコメント