あけましておめでとうございます!(新年の目標を達成するための秘訣)

IMG_2884.jpeg

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。

お店は本日から営業!

今朝は早速ノルディック散歩で総合公園まで歩きましたが天気も良く気持ちよかった〜。

- -

年が明けて「今年は〇〇するぞ〜!」と新年の誓いをたてる方も多いかと☝️。

しかし!新年の誓いを立てた人の40%は2月に脱落するというデータが...(https://www.statisticbrain.com/new-years-resolution-statistics/)。

現実はなかなか厳しいですが笑、「習慣」を身につけるには以下の2つのポイントが大切らしい。

- -

https://www.outsideonline.com/2379926/two-keys-sustaining-habits?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=facebookpost&fbclid=IwAR3mjJq5UUWuXXuLLIt2wHjV7twEgTAX-WLabD_9jbDS4ezevR50J_f8rr4 より引用。


1:コミュニティー

「どんな人と付き合うか」と言うことが運動習慣や体力レベルに影響を及ぼすようです。

・モチベーションは感染する。

よし!やるぞ!と言う集団の中にいれば自然と自分もやるぞ!と言う気持ちになる。そう言う集団に属することでモチベーションを高めたり、お互いに刺激し合うと言うのはとても大切です。

・失敗を防ぎ、失敗したときには手を差し伸べてくれる。

コミュニティーに属することが最も効果を発揮するのは失敗しそうになったとき・失敗したとき。例えば周りのみんなが課題に取り組んでいる中自分は参加できなかったと言う場合まず少なからず罪悪感のようなものを感じます。みんな頑張ってるし俺も頑張らないとなぁ〜と思えるのは一つの効果。

また失敗したときに「いや〜わかるよ。大変だよね〜」とか「俺も昔そう言う経験あるよ〜」と共感してくれたり、そのように励ましてくれることでもう一度頑張ろうと言う気持ちになります。


2:自分自身への思いやり

自分に厳しすぎると挫折する確率が高いそうです。ダメだった!俺のせいだ!と言う罪悪感や恥ずかしさが、自分はダメなやつだ〜と言う劣等感につながり、行動もそう言う風になっていきます。

例えばダイエットしよう!という人がおやつをバクバク食べ過ぎてしまった→私はダメな人!→どうせ私はデブよ〜→どうせ私はデブだから好きなだけ食べよう的な悪循環。

反対に自分に少し優しいくらいの方が良いらしい。初めから「完璧」なんてことはあり得ません。例えば、失敗した→いや〜でもあれは確かに難しいわ→また頑張ろうと言った具合。

当然自分に甘すぎてもいけないんですが笑、厳しすぎるのも良くない。

失敗を素直に認め、完璧ではなく最善を尽くす。More better を目指す姿勢が重要なのかもしれません。

- -

Sokka.では今年もお買物だけでなく、道具の使い方やより楽しむための方法もしっかり提案させていただきます!

ヨガ・ピラティスのクラス、練習会や各種イベントを通じて上記の「コミュニティ」だったり、より楽しもうという「ポジティブな空気」を広げて行きます。

皆さま引き続きお付き合いください笑。

今年もよろしくお願いします!

この記事へのコメント