無理なく・効果的に運動したいという方へ! 1月16日(土)練習プラン作成のコツ講座を開催します!

completion.png

年もあけ「今年は〇〇にチャレンジしてみよう〜」とか「今年はさらに〇〇頑張るぞ!」と意気込んでいる方も多いかと思います。

しかし無理な計画ではすぐに燃え尽きてしまうだろうし、効率が悪かったり、ケガのリスクが高くなるかも...。

もっと現実的で良い方法があるかもしれません☝️。

せっかくなら新たに何かを始めるにしてもより良い方法で、また目標達成のためにより効率的な方法で練習に取り組んでみませんか !?

- -

今回は、

◎ より良い練習方法が知りたい!

◎ 今こんな感じなんだけどこれで良いのか?

◎ 始めたばかりで分からないことばかり!

という主に初心者の方へ向け、練習プラン作成のコツをお伝えします!

- -

以前に同じ内容で講座を開催しましたが(こちらもご覧ください→■■)、今回は内容をやや初心者向けに変更してお届け。

大まかには以下の内容を予定しています。

◎ 「持久的なパフォーマンスを決定する3つの要因」

◎ 「低強度トレーニングと高強度トレーニング(どれくらいが低強度 / 高強度?)」

◎ 「ピリオダイゼーション(練習計画の戦略)」

◎ 「80 : 20 トレーニング」

◎ 「目的に応じたHIIT(高強度インターバル)の選択」

◎ 「練習メニューの順番(組み合わせ)」

◎ 「試しにメニューを考えてみよう」

◎ 「練習の記録をしよう」

前回は練習の記録についてはあまり触れませんでしたが、今回は練習の記録の仕方や、記録(データ)を元にした練習プランの調整方法についてお話しします。

疲労の影響を考慮して練習をより効率的に配置したり、ケガを避けるために内容を調整することは非常に大切です☝️。

- -

一応ですが、今回も以下の本の内容をご紹介するつもりです。

80AD5F5C-2E06-4737-91B6-3F82D4C982FB_1_201_a.jpeg
「エネルギー代謝を活かしたスポーツトレーニング」「乳酸サイエンス」:八田秀雄.

599DEBD0-48D8-4BFF-BC7A-1858F5EF4FB0_1_201_a.jpeg
「80/20 Running」:Matt Fitzgerald.
「ストレングストレーニング&コンディショニング」:Thomas R. Baechle.

IMG_0062.jpeg
「Science and Application of High-Intensity Interval Training」:Paul Laursen. Martin Buchheit.

- -

本の内容をベースに自分自身がコーチとして、また自分自身の練習に組み込んで実際にどうだったのか、よかったこと微妙だったことも含めて皆さんに必要な情報をお届けできればと思います。

日時:
1月16日(土)9:30~11:00(多少前後するかも)

場所:Sokka.

料金:2,200yen

定員:6名

申込:
take@sokka.jp / 090-7582-3589 までご連絡ください。
HPやSokka.LINEからご予約・ご連絡いただいてもOKです!

持ち物:
筆記用具・ノート

走ったりはしないので服装はなんでも構いません。感染症対策のため手指消毒とマスクの着用をお願いいたします。

- -

せっかくの新年の目標!より良い方法で達成できるように少し学んでみませんか !?

今回は特に初心者の方に向けなるべく簡単にわかりやすく要点をお伝えできればと思いますので、ビビッと来た方はお気軽にご参加ください。

ご参加お待ちしております!

この記事へのコメント