2021-10-29(マラソンの準備を!BROOKSのスピード系ハイエンドモデル "Hyperion Elite 2" が実際に試し履きできます)

IMG_3635.jpeg

なんと、メーカーさんのご厚意でまたもサンプルシューズをお借りしました!

しかも、今回はBROOKSのスピード系ハイエンドモデルである "Hyperion Elite 2" です⤴️。

IMG_3648.jpeg

これまで何度かご紹介したHyperion TempoやCatamountに使用されているDNA Flash ミッドソールを分厚く使用し、その中にカーボンプレートを挟み込んだいわゆる厚底系のシューズ。

DNA FLASH はEVAに窒素ガスを混ぜ込んで臨界発泡させた新素材で、通常EVAには空気が含まれるのですが、それと比べ 32%軽量化・18%ソフト化・反発性は22%アップした、軽量性・クッション性・反発性の3つをバランス良く兼ね備えたソールです。

IMG_3638.jpeg

そのミッドソール素材に、安定性と反発力を合わせ持つ可変式カーボンプレートを内蔵しています。よく見るとミッドソールの真ん中あたりにうっすら線が見えるかと思いますが、ちょうどそれに沿ってカーボンプレートが入っているようなイメージ。

接地と蹴り出しの安定感と軽快感がさらにアップグレードされ、ランナーのポテンシャルを最大限に引き出します。

IMG_3643.jpeg
IMG_3647.jpeg

自分も少し前からテストしていますが、やはりグイグイ進みます笑。カーボンプレート仕様のシューズは大体そうでしょうが、こんなの履いたらそりゃ速いわ!という印象です。

が、Hyperion Eliteが他と異なるのは高い安定性かと思います☝️。

ボヨ〜ンっと進むというより、シューズ自体の硬さを活かして力を逃さず全て推進力に変換してくれるようなイメージ。さらには足指あたりのロッカー(爪先が丸い)構造で力をより前方に方向づけてくれるような感じがする。

IMG_3639.jpeg

ヒール部分も丸くなっており全体としては船底のような形状。アウトソールも無難なパターンで、ヒールストライクでも全然問題ない。

後半疲れてくると走り方も変わるものですが、これなら苦しい後半もフォームを微妙に変化することでスピードを維持できます。

アッパーよりもアウトソールが広い、最近流行りのソール形状ですが、これがまた安定性が高い!

IMG_3641.jpeg

カーボン使用の厚底シューズって履くのが難しいとか足の負担が大きいというイメージがあるかと。

そもそも、こういう靴は走力や脚力のあるエリートランナーの使用を想定して作られているのでそれも当然なんですが、このHyperion Eliteは非常に履きやすい仕様となっています。

先述の DNA FLASH と可変式カーボンプレートが非常に相性良くマッチしており、スピードを出しやすいのはもちろん、その中でも安定性を感じる一足です。

初めてカーボンプレートの入った靴を試してみようという方、これまでカーボンシューズ履いたことあるけど後半疲れたという方、そして靴の力で少しでも楽に速くという方!笑

価格も他の靴よりお高いですので、ぜひともこの貴重な機会に試し履きしていただき、サイズ感や履き心地をしっかり確認してみてください。全てのサイズがあるわけではないのですが、うちもしっかりフィッティングさせていただきます。

履けば分かる驚きの推進力!ぜひ皆さんに履いて欲しい!

購入する予定はないけど、どんなものか興味があるというかも遠慮なくどうぞ。

11月29日までです!この貴重な機会をお見逃しなく!

この記事へのコメント