2021-12-15(個人的にsub 3.0~3.5に最適かと!BROOKS HyperionElite2))

IMG_5289.jpeg

BROOKS HyperionElite2 (29,700yen)

BROOKSのスピード系ハイエンドモデルであるこのモデルは、DNA Flash ミッドソールを贅沢に使用し、その間に可変式カーボンプレートを挟み込んだシューズ。

techology-img_n.jpg
こんな構造になっている☝️。


IMG_5295.jpeg

DNA FLASH はEVAに窒素ガスを混ぜ込んで臨界発泡させた新素材。

通常EVAには空気が含まれるのですが、それと比べ 32%軽量化18%ソフト化反発性は22%アップした、軽量性・クッション性・反発性の3つをバランス良く兼ね備えたソールです。

IMG_5288.jpeg
IMG_5293.jpeg

つま先部分と踵部分がローリングするような形状となっており非常にスムーズな重心移動が可能。

個人的にはフォアフットの接地よりも、中足部〜後足部気味の接地で少々シューズを転がすようなイメージを持つと非常にスムーズだな〜と感じています。

IMG_5292.jpeg

つま先部分も狭くなく、足指が満遍なく使えるような印象。

少し上の画像も併せてみていただくと、アッパーからソールがややはみ出すような形状なのがわかるでしょうか!? 最近こういうシューズが多いですが、シンプルにソールが広いので安定しやすい。

- -

前置きはここまでとして笑!先日このシューズを履いてY田さんと10km*2本を実施しました。

その時の様子がこちら
https://flow.polar.com/shared/7e5c79e91d548cd8d40100aa9775d6be

スクリーンショット 2021-12-15 17.00.56.png
スクリーンショット 2021-12-15 17.00.45.png

非常に安定して走ることができました!DNA Flashのクッションが足に優しくダメージを軽減してくれる一方、カーボンプレートのお陰でグイグイ進むだけでなく非常に安定します!

自分は今回の愛媛マラソンでsub3.5、1km4:30~5:00くらいで走ることがとりあえずの目標なのですが...

それくらいのペースなら "推進力" と併せて "安定性" も非常に重要な要素になるんではないかと思います☝️。

正直めちゃくちゃ速い訳ではないし、ある程度 "安定性" を持った靴で後半までエネルギーを持続させたり、シンプルに履きやすいことが重要なのかと。

figure_koukan.png

個人的に "推進力" と "安定性" はある種のトレードオフのような関係にあると思います。

どちらかを取れば、どちらかは失われる。

推進力とは前に進む力ですが、運動するには基本的に不安定な方がいいんです。バランスを崩すことで運動が生じるし、バランスを崩すことが運動であると言っても過言ではない。

反対に安定していれば運動は起こりません。最も安定しているのはその場でじっとしている状態。

- -

そういう意味で言うと、世の中にカーボンプレートを搭載したスピード系のシューズは多くあれど、このHyperionElite2はそれらの中でも安定性に長けたシューズです。

あえて言うなれば、他メーカーのカーボンシューズよりもボヨ〜ンっという推進力はないのかも知れない...。

が! その分 "安定性" に長けていて、疲労を軽減してくれるし、何より履きやすい!

様々な走り方に対応可能で、後足部接地でも問題なくDNA Flashミッドソールとカーボンプレートの恩恵を受けることができます。

nigaoe_augustus.png

そして!

sub3.0~3.5を目指すあなたにとってこの靴はまさにスイートスポットなのではないでしょうか!?

もし、もっと速い記録を狙うのであればこの靴もめちゃいいんですが他にもいい靴があるかも...。また、もう少し時間をかけて完走を目指すのであればより安定感の高いシューズを履いた方が安心かも。

sub3.0~3.5を目指す方にとって、推進力の中に安定性を兼ね備え、履きやすくて様々な走り方に対応可能なこのシューズは強い味方になってくれると思います。

最後に...

IMG_5294.jpeg

軽量化のためヒールカップがペラペラで不安に感じる方が多いようなのですが、ダブルアイレットで結ぶと特に問題ありませんでした!

お試しあれ笑。




















この記事へのコメント