2022-2-25(前屈が苦手〜という方におすすめのエクササイズ)

IMG_8253.jpeg

体が硬い〜前屈が苦手〜という方は少なくない。

前屈が苦手な原因は様々で、股関節を曲げる動作が苦手な場合や腰椎や足首、体幹の安定性が原因のこともあったりで色々なのですが、大切なのは原因に応じた対処をすることです☝️。

今回は主に股関節に焦点を当てた体操をご紹介します。

IMG_8287.JPG

股関節の屈曲(曲げる動作)が苦手だと、脚が上がらないか脚を上げるときに背中を丸めるように動きを代償することになり...

動きがスムーズでないばかりか腰痛の原因になったりする(上の画像)。オーバーストライドにもなりやすいかも。

思い当たる方は無理のない範囲で試しにやってみてください!

ちなみに...

股関節一つをとっても柔軟性に問題があったり(硬くて曲がらない!)、筋力に問題があったり(弱くて曲げられない!)、パターンに問題があったり(曲げ方が分からない!)、とこれまた色々ではありますが、大雑把にその辺りを網羅した内容。

- -



1)レッグ ロワリング(固定あり)

仰向けに寝て両脚を天井に向かってまっすぐ伸ばす。片足にチューブなどをかけ固定。反対の足を揃えた位置から床まで降ろし元の位置に戻すのを繰り返す。膝は曲がらないように、背中も丸くならないように意識。

- -



2)レッグ ロワリング(固定なし)

先ほどチューブを使って実施した内容をチューブなしで実施。自力で脚の位置をキープしておく。

- -



3)ヒップヒンジ(チューブを使用)

お尻(のやや下)にチューブを引っ掛け反対側を手で持つ。お尻を後方に引き込むようにお辞儀をして、チューブを手とお尻で引っ張り合う。膝は曲げすぎず、背中はまっすぐを意識。

- -

繰り返しになりますがこれは大雑把な内容でやはり原因に応じた方法が効果的です。また既に腰痛があったりで注意が必要な場合もある。

他にも方法はたくさんあり、その人にとって適切だったり、実施しやすかったり、安全だったりする方法を選ぶことが大切です。

その辺りのご相談もぜひSokka.までお気軽にどうぞ!笑

IMG_2593.jpeg

合う靴が見つからない...どんな靴を履いても問題が解消しない...というご相談も受けますが、そんな方は足や靴が問題の原因でないことが多いです。

どんな靴を履いても身体のバランスが悪いから感覚が良くないようなイメージ。

そんな時にも、こういった体操が有効です!

この記事へのコメント