2020-9-13

IMG_6154.jpeg

昨日はローラースキーの予定だったんですが、天気予報が微妙だったので練習計画を前倒しして30km走を実施。

IMG_6156.jpeg
この日はストックを使用。普段からスキーのトレーニングでストックを使用することも多く、扱いに慣れているというのもあると思うんですが、自分でも驚くほどに登りが楽で速かった!

距離30kmで累積標高1500mくらいを目指して走りましたが、平均ペースが6分/kmは今の自分にとってかなり上出来かと。走り終わってからもまだ余裕があったし、なかなか手応えが良かった。

IMG_3855.jpeg
IMG_6151.jpeg
ストック以外にも調子がよかった要因がいくつか思い浮かぶ...。

まずは靴!この日使用したのは「SALMING TRAIL6」。履き心地の良さ、適度なクッション、Vibram Megagripのグリップ力、様々な地形で使えるラグのパターンなど...何せバランスが良く使いやすいシューズ。

気に入りすぎてこればっかり履くのでちょっとやばいなぁ〜。10月に参加予定のレースまでもつか !?苦笑

自分用に調整したインソール も非常に感覚が良い(手前味噌ですが...)。二足直立の人間にとって足は唯一地面と接する部位です。土台であり地面に力を伝達する部分。土台が傾けばビルが傾き、タイヤが曲がれば車がまっすぐ進まないのと同じで、足に不具合があれば身体全体に不具合が生じる。

道具に頼り切るのは間違いですが、道具をうまく使えるのは能力だと思います。インソールをうまく使って足を整えることで、とても体が動かしやすい。

IMG_6155.jpeg
MAURTEN(モルテン)DRINK MIXとGEL。

あのマラソン2時間切りプロジェクトでも使用されているドリンク&ジェル。胃の酸に反応して固体化し、素早く胃を通過し、小腸に届くため吸収効率が抜群に高く、通常の3倍近い炭水化物を補給可能。

この日は走る前ではなく、15km地点でボトルに溶かして飲んでみましたが後半パワーが湧いてきて良い感じ。この使い方はレースなどでもありやなぁ〜。

炭水化物だけでなく、ミネラルバランスも良いのでなんか動きが悪くなってきたなぁ〜という時にも摂取すると良い感じでした。

457EB8E9-0E73-45D2-9EF3-0B1EFD66152E_4_5005_c.jpeg
ザックはNATHAN Vapor Krar 4Lを使用。写真がないですが...また改めてご紹介します。

サポートはもちろん、途中で補給もなかったので水は多め。ボトルだけでは足りなかったのでブラッダー2L(ハイドレーション)を使用。こいつが結構よかった!

最近ボトルが主流になりブラッダーを見かけなくなりましたが、これも適材適所かと。今回のようにサポートも補給もない場合はストレス無くたくさんの水分を持ち運べるのでかなり便利。

このザックはRob Krarのシグネイチャーモデルですが、Rob Krarはこんな人 ↓↓


それにしても昨日は道具によって自分のポテンシャルが引き出される、道具をうまく使いこなすことの楽しさを感じた30kmでした。

必要なものを必要なだけ、そしてうまく使いこなすことが重要かと。

そういう道具のチョイスや、上手に使うこと、自分が道具のポテンシャルを引き出す感じ自体が楽しいもんです笑。

"2020-9-13"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: